検索

パラ陸上の山本篤選手がハビリスのロゴを胸に競技に参加されました!



日本を代表するパラリンピアン山本篤選手が2021シーズン、ハビリスジャパンのロゴを入れたユニホームで競技に参加されることになりました。





https://www.instagram.com/p/CN_CqBfp5Iw/?utm_source=ig_web_copy_link




さっそく、参加された試合での取材が記事になりましたので、ご紹介します✨❕

https://www.nikkansports.com/olympic/paralympic/news/202104250001154.html

https://www.nikkansports.com/olympic/paralympic/news/202105150001682.html



かねてより義肢を必要とする子ども達の「走りたい」という思いを応援されてきた山本選手より、ロゴをユニホームにつけて競技に参加することで、子ども達を応援したい、というご提案をいただいたとき、理事長をはじめとする私たちハビリススタッフは皆、山本選手の思いに胸が熱くなりました。


今回のご提案について、山本選手より頂いたメッセージをご紹介させていただきます。

https://www.instagram.com/p/CN_CqBfp5Iw/?utm_source=ig_web_copy_link


〜〜山本選手からのメッセージ〜〜 

常々、僕はプロ陸上選手として、自分のためだけではなく、社会のために競技をする責任があるとの思いを抱いてきました。

そして、東京パラリンピックの開催を目前に控え無観客開催も想定される今「自分のパフォーマンスでだれかを応援する」ことで想像以上の力が出せるのではないかと考えています。


このような思いから、今回、ハビリスジャパン様と何か取り組みができたらと考え、ユニフォームにハビリスジャパン様のロゴを入れて試合に出場することにしました。

このパートナーシップを通じて、走ることに様々なハードルがある子ども達や障害のある子ども達、そのご家族を応援すると共に、ハビリスジャパンの活動に共感して、支援の輪が広がることを願っています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


山本選手の最高のパフォーマンスを祈りつつ、一人でも多くの子ども達やご家族に、山本選手の思いが届くようにと願っています❕


最新記事

すべて表示

Webメディア『きらッコノート』に団体紹介が掲載されました

介護士向けのWebメディア(レバレジーズ株式会社)『きらッコノート』に、障がいのある人たちの社会参加を支援する組織の一つとして当法人の団体紹介が掲載されました。 https://job.kiracare.jp/note/article/20399/ 記事の中では、「医療従事者向けのボランティア活動」について取り上げて頂きましたが、早く、オンラインだけではなく、会場に集まっていろいろな体験をするイベ

藤原理事が美馬アンナさんと対談!

東京は梅雨が明けたと思ったら、連日の厳しい暑さ。なかなか体が慣れない毎日ですが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。 さて、本日は女性向けウェブメディアHint-Potのインタビューコーナーにて、3回に分けて掲載された、女優・タレントの美馬アンナさんと当法人理事 藤原医師との対談記事のご紹介です❕ ------ Hint-Pot インタビュー 対談シリーズ第5回 東京大学医学部附属病院医師・藤原清香